ディスクシステム資料



◆アップルタウン物語の女の子の名前一覧




タイトル画面で
自己紹介してくれる女の子。

この子の名前、実は新品の初回起動時に自動的に決定されます。
また変更はできません。


しかも
説明書でもほのめかされていますが、
主人公 (女の子) の名前は
ディスクカードごとに
みんな違います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この名前、全部で何種類あるんでしょう。

気になったので調べてみました。


(※ディスク解析による調査です)












というわけで、全63種類。

ところが、五十音順に並び替えてみると…

 アグネス、 アニー、 アネット、 アマンダ、 アリス、 アンジー (1)、 アンジー (2)、 アンー、 エミー、 エリー、 キャシー、 キャロル、 クララ、 クリス、 クレア、 ケイト、 ココー、
 サリー、 ジェーン、 ジェシー、 ジェニー、 シェリー、 ジュリー、 スーザン、 セーラ、 ソニア、 ダイアナ、 タイニー、 タミー、 チェリー、 ナタリー、 ニーナ、 ノーマ、 パッツィ、
 パトラ、 ハニーー、 ファニー、 ベッキー、 ベルー、 マーサ、 マーシー、 マリア、 マリアン、 マリー、 マリーン、 マリエル、 ミッキー、 ミミー、 ミリアン、 ミリー、 ミント、
 メアリー、 メイー、 メリー、 メルラ、 ライム、 ララー、 リリー、 ルィーズ、 ルーシー、 ルルー、 ローラ、 ロリー


ご覧の通り、よく見てみるとなぜかアンジーが2つ存在するため、 実際には62種類となります。


そして2つ存在するということで、アンジーの当選確率は2倍…。

なお説明書の「アッコ」は名前候補にありません。 プレイヤー側に同じ名前が付かないように配慮されたのでしょう。
もしくは日本人名が女の子のイメージに合わないためカットされただけかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



というわけで、
アップルタウン物語の主人公 (女の子) の名前は、全部で62種類。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



おまけ。


女の子の名前って、最初から決まっている?

いいえ。冒頭で挙げたとおり、女の子の名前は工場出荷時にはまだ決まっておらず初回起動時に 全63候補(※実質62候補)の中から自動的に選択されます
そして名前の決定に関わる特定の要素、たとえばディスクシステム本体やディスクカード固有のIDなどの要素は一切関係が無く、 完全にランダムです。
…関わるのはゲーム起動から名前決定までのタイミングの差。

実際のディスクシステム本機では、ドライブの微妙なモーター速度の違いやヘッド・ベルトの調整具合、そして
ディスクカード内の円盤の位置の違い (例えば円盤上のとある地点が角度20度の位置にあっても、駆動すると回転して違う場所に停止する) といった
アナログ的な要素が存在します。
このため毎回タイミングが異なってしまいます。
試しにディスクカードを工場出荷時と同じ状態に戻し (※通常は戻せませんのであしからず)、 再度起動すると全く違う名前になります。
繰り返す度に名前は変わります。

一方、アナログ要素の無いエミュレーターを用いた場合、動作タイミングが常に一定になるため 女の子の名前は毎回「キャシー」になります
………何らかの方法で意図的にタイミングをずらさない限り。




▲TOP