▲TOP

Bloodstained: Curse of the Moon

味方の攻撃力はどのくらいある?




攻略情報の一環として、いくつかのサブウェポンやメイン攻撃の威力を調べてみました。 なおアルフレッドのソウルビジョン(分身)は割愛。
各攻撃力は、斬月の刀の威力を標準の「1.00」と定めた場合のものです。
これらの威力はボスを相手にした場合です。ザコ敵の場合は違った結果になる場合もあります。特に氷。凍った後に叩けば雑魚は一撃死するし。





通常攻撃

斬月の刀とミリアムのムチは同じ威力。1.00。
アルフレッドの杖はちょっと攻撃力が低い。0.80。
ジーベルは一度に3匹のコウモリを放つ。ちょっと複雑だが当てたコウモリの数で最終的なダメージが決定される。 例えば3匹のうち、一番近い1匹が当たった瞬間、0.75のダメージが入るが、続けて2,3匹めが当たると 先の0.75ダメージが修正されて1.25のダメージを与えたことに変更される。単純な3発分ではなく、3匹当てても威力高めの1発分となることに注意。 (なお2匹当たった場合の威力はうまく検証できなかったため不明だが、1匹と3匹の場合から考えると1.00と思われる)




鎖分銅 消費WP 3

攻撃力は通常攻撃である刀の1.75倍と高威力の対空攻撃。 攻撃はすぐ出てすぐ消えるので、他のサブウェポンよりも連射がしやすい。
呪符 消費WP 3

威力は通常攻撃の半分である0.50。ただし札の1発と着弾後の紫の渦巻きが6ヒットで計7ヒットするため、総合ダメージは3.50と大きい。 また渦巻きヒット中は足止めできる敵も多い。
 消費WP 4

ボスに対する検証結果では威力1.25。ただし面を発動した時は多くの雑魚を1撃で倒せるため、案外ザコに対してはもっと効果が高いのかもしれない。 (ただしHPの高いザコ相手には未検証)
拳 (パワーアップアイテム)

攻撃力アップ(※名称不明)のアイテムを取った後。初期の1.25倍。 なお攻撃力アップアイテムは通常攻撃にだけ効果がある。サブウェポンの威力は変わらず。
面と拳

攻撃力アップのアイテムを取った後に、サブウェポンの面を使って剣で攻撃。 この補助系サブウェポンだけは相乗効果がある。威力1.5倍!
溜め斬り (チャージ斬り)

技名があるのかもしれないけど不明。威力は3倍。 ただ溜め時間が長く、繰り出せるまでに時間がかかるので、普段は通常攻撃を連打するほうが総合ダメージは多くなる。


ダガー 消費WP 1

メイン武器の半分の威力しかないが、ある程度連射が利くし、消費WEAPON値もたったの1。 嫌なザコ敵を遠距離から先制攻撃するときに便利。
 消費WP 3

威力は0.75。真横に飛んで行って戻ってくる。 この行きと戻りで1発につき2回分の攻撃に。 ただし画面端から投げるとなぜか戻ってこずにそのまま消える。
 消費WP 3

投剣。消費WPは3。3way弾で、3本全部当てると1.75。1本だけだと0.75。 ただしダメージの入り方はジーベルの通常攻撃と同じ考え方である。 3本全部当てても攻撃3回分にはならず、威力高めの1回分に換算される。
オノ 消費WP 6

最強のサブウェポン。消費WEAPON値が6と大きいので確実に当てたいところだが、 繰り出すのに時間がかかるのが欠点。ジャンプして高い位置の敵に当てるのはかなり難しい。


フロストカリバー 消費WP 4

凍らせるだけではダメージは入らない。凍った後に攻撃をすることで、通常の2倍のダメージ。 なおザコ敵の場合は凍らせるとHPに関係なく一撃で倒せる。また凍った敵やランタンなどは足場にできる。
ヴォルティックレイ 消費WP 4

敵を追いかけ回し、1発につき最高4回ダメージを与えられる。4回ダメージを与えられれば威力2.00相当なので、 凍った敵を叩くのと同程度。攻撃しづらい位置にいる敵を狙うための武器か。
バーニングスフィア 消費WP 5
威力は0.26〜0.27くらい。ただごく短い瞬間に連続ヒットすることが何度もあるのでカウントは不正確。 おおよそ4回ヒットすると斬月やミリアムの通常攻撃1回分程度。炎をまとってすぐ他のキャラにチェンジして戦うのがいい。
本来の用途は防御用。ありとあらゆる飛び道具を防ぐ。また接触した敵にもダメージを与える。 ボスへの接触は上記のように与えるダメージが低いが、ザコ敵はほぼ打撃と同程度のダメージが行くもよう。 なお一撃で倒せない敵の体当たりは炎を貫通してこちらもダメージを受けてしまうが、 例外として最終ステージの蠅の体当たりは完全にダメージを無効化できる。


ブラッドスティール
コウモリに変身中、突撃して体当たり。1.25と意外と威力はあるが…。
突撃の最後のほうは攻撃判定が無くなるため、そこに敵がいるとダメージを受けてしまう。 なので画面端のボス(STAGE1など)に繰り出すのは避けるべき。
というか誰もボス相手にこれ使わないか。
攻撃判定がある間は無敵なので、攻撃回避には使えるかもしれない。